メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新婚「ゲス乙女」川谷との不倫報道で緊急会見 涙浮かべ「友人関係」強調も

不倫交際報道について会見するベッキー=スポニチ提供

 タレントのベッキー(31)が、昨年大みそかのNHK紅白歌合戦に初出場したロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル、川谷絵音(えのん、27)との不倫交際が明らかになった。7日発売の「週刊文春」(文芸春秋)が報じている。ベッキーは6日夜、東京都内で緊急会見し、「お付き合いはしていない。友人関係であるということ」と説明した。

 ベッキーは所属事務所の一室で、深々と頭を下げ「誤解を招くような大変軽率な行為だったと、深く反省しております」と目に涙を浮かべて謝罪。交際を否定し「友人関係であることは間違いありません」と強調した。

 質問は受け付けず、約5分間にわたって1人で語るだけ。一方的に主張する場となったのはCM10本を抱える人気タレントという事情が見え隠れ。後方では大手広告代理店の関係者が見守っており、スポンサー向けの釈明会見に見えた。

 週刊文春はホテルの一室で撮影したとみられるツーショットを掲載し、今月4日に2人で長崎市内の川谷の実家を訪れたことも伝えているが、ベッキーは「お正月にご実家にお邪魔したことは事実。ただ、お付き合いということはありません」などと説明した。

 スポニチ本紙の取材では、川谷は昨年夏、バンドを結成当時から支えた女性と結婚。結婚は公表せず、当初は3人ほどの事務所スタッフにしか伝えていなかった。一方、ベッキーはもともとバンドのファン。「ライブに行き、打ち上げなどでお話もさせていただき、連絡を取るようになりました」と親しくなった経緯を語った。

 週刊文春では2人がやりとりしたとみられる通話アプリ「LINE」の会話履歴などを掲載。2人が離婚届のことを「卒論」と呼び、川谷が妻と離婚に向けた話し合いを持ったことをベッキーに報告するなど、生々しいやりとりを伝えている。

 だが、ベッキーは記事の核になっているLINEにはひと言も触れず、「ご迷惑をおかけして申し訳ありません」と頭を下げ続けた。スキャンダル処女で知られ、風紀委員のようなキャラクターで人気だっただけに衝撃をもたらしそうだ。

 ◆ベッキー 本名レベッカ・英里(えり)・レイボーン。1984年(昭59)3月6日、神奈川県生まれ。父親は英国人、母親は日本人で、国籍は日本。98年、テレビ東京の子供向け番組「おはスタ」のおはガールとしてデビュー。2009年には歌手デビューも。現在は、日本テレビ「天才!志村どうぶつ園」やフジテレビ系「にじいろジーン」などにレギュラー出演。CMは10本。1メートル57。血液型AB。(スポニチ)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁 6〜8月、高温の予報 ラニーニャ影響
  2. ウィンドウズ10 「勝手に更新」苦情
  3. 女子大生刺傷 ストーカー規制法、ブログ対象外に疑問視
  4. オリラジ中田 ベッキー騒動“場外バトル”を否定 宮迫とは「けんかしていない」
  5. インド 最高51度…国内史上最高 死者440人以上

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]