メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

1966TOKYO・2016そして未来へ

/6 変わらぬ学ぶ喜び 定時制、多様な生徒の受け皿 /東京

モラトさんが一番好きなのは日本車だ。「繊細ですごく計算されてる。ボンネットを開けたら、日本の職人と機械がつくり上げたんだって実感する」と屈託なく笑った=都立墨田工業高で

都立定時制高校の数 66年・121校→16年・55校

 こうこうとともる校舎の明かりが夜空に浮かぶ。ある生徒は旋盤の扱いに苦心し、別の教室では、はんだ付けに励む生徒がいた。都立墨田工業高(江東区森下5)の定時制。昨年のノーベル医学生理学賞受賞者、大村智・北里大特別栄誉教授(80)は1963年春まで5年間、ここで教壇に立った。

 同じころ、都は学校間の学力を均質化し、受験戦争を緩和する「学校群制度」の導入を決めた(66年)。高…

この記事は有料記事です。

残り1160文字(全文1372文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. USJ入場料、10連休中「過去最高額」に 混雑緩和なるか?
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 内村航平が予選落ち 体操全日本選手権
  4. USJ年間パス、帰省費を補助…保育士不足に大阪市が奇策
  5. セクハラ 女子学生と13泊の准教授を停職処分 弘前大

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです