メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

強硬

北朝鮮/上 正恩氏「強国」に執着

水爆実験の準備を終えたという報告書。右上がりの太字で、「党中央は水爆実験を承認する。2016年1月6日に断行すること。金正恩2016.1.3」と書き込まれている=朝鮮通信

 「先軍(軍事優先)の宝のような核抑止力を、より強固にして、わが国を『天下一の強国』にするのが、まさに元帥様(金正恩(キムジョンウン)第1書記)の信念で、決心で、意志だ」

 北朝鮮の朝鮮労働党幹部は内部講演会で、金第1書記が抱く核兵器開発への強い決意を説明した。

 講演会は3回目の核実験(2013年2月)直後に開かれた。毎日新聞が入手したその音声記録には、核開発の経緯や目標を語る幹部の声が収められていた。

 初の核実験は10年前。金第1書記の父金正日(キムジョンイル)総書記(故人)が指揮した。「将軍様(金…

この記事は有料記事です。

残り923文字(全文1175文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  2. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  3. アジア大会 時計壊れ、国旗落ち、名前誤り…トラブル続出
  4. トランプ政権 トランスジェンダー排除を検討…米紙報道
  5. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです