メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国技の現在地

初場所を前に/中 人材確保、待ったなし 新弟子、ピークの半分

全日本選手権決勝で外国出身初のアマ横綱に輝いた日大のトゥルボルド(左)=喜屋武真之介撮影

 昨年12月の全日本選手権で、モンゴル出身のバーサンスレン・トゥルボルド(日大3年)が優勝し、外国出身初のアマ横綱となった。大相撲に続く、モンゴル勢の躍進は話題を集めた。15日間で競う大相撲の本場所と、1日で数試合を戦い抜くアマの大会では比較はできないが、外国出身の逸材がいることを改めて感じさせられた。

 トゥルボルドはモンゴルで柔道の全国大会優勝の経験があり、今は大相撲で活躍する照ノ富士、逸ノ城らと同…

この記事は有料記事です。

残り821文字(全文1023文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  3. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  4. 米グーグル、年内にゲーム参入 専用機不要、業界の構図変動も
  5. 辺野古 玉城知事の「上告取り下げ」県政与党は寝耳に水 首相に辺野古「譲歩カード」 /沖縄

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです