メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国技の現在地

初場所を前に/中 人材確保、待ったなし 新弟子、ピークの半分

全日本選手権決勝で外国出身初のアマ横綱に輝いた日大のトゥルボルド(左)=喜屋武真之介撮影

 昨年12月の全日本選手権で、モンゴル出身のバーサンスレン・トゥルボルド(日大3年)が優勝し、外国出身初のアマ横綱となった。大相撲に続く、モンゴル勢の躍進は話題を集めた。15日間で競う大相撲の本場所と、1日で数試合を戦い抜くアマの大会では比較はできないが、外国出身の逸材がいることを改めて感じさせられた。

 トゥルボルドはモンゴルで柔道の全国大会優勝の経験があり、今は大相撲で活躍する照ノ富士、逸ノ城らと同…

この記事は有料記事です。

残り821文字(全文1023文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  3. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 衆院内閣委 片山さつき氏、看板の条例違反認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです