メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

調理中にボンベ破裂か 大阪・北新地

大阪市北区曽根崎新地の雑居ビル(右手前)で起きた爆発で、騒然とする現場周辺=2016年1月7日午後8時38分、川平愛撮影

 大阪・北新地の和食店「粋肴(いきざかな)とも」で7日夜、客ら5人が軽傷を負った爆発事故で、店内の調理場付近で破裂したカセットボンベが見つかったことが、大阪府警天満署への取材で分かった。ボンベは食材をあぶるためのバーナーに付いており、天満署は調理中にこのボンベが破裂した可能性があるとみて詳しい原因を調べている。

     天満署によると、当時、店内にいた客が「ご飯を炊く釜の横にカセットボンベが置かれていた」と説明しているという。

     天満署と大阪市消防局は8日午前、店内の実況見分を始めた。【大森治幸】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 発砲 4人撃たれ1人死亡、男は逃走 和歌山の建設会社
    2. 和歌山射殺 殺人容疑 建設会社社長の次男に逮捕状
    3. 和歌山射殺 逮捕状の容疑者 収監の日に強硬手段
    4. 関西空港 従業員2人はしか 他の37人にも症状
    5. 麻生氏 「証券会社勤めはやばいやつ」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]