メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧本社前で花手向け祈る人々

 イスラム教の預言者ムハンマドの風刺画を掲載した仏週刊紙「シャルリーエブド」の本社が襲撃され、編集長ら12人が殺害された事件から7日で1年となった。現場となった旧本社前では人々が花を手向け、犠牲者の冥福を祈った。

     AFP通信などによると、オランド仏大統領は同日、パリの警察本部前で演説し「テロの脅威」がフランスで続いていることを強調。「警察や軍、情報機関がそれぞれの情報を共有し、ともに動くことが(テロを防ぐために)何より重要だ」と述べた。【三木幸治】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 埼玉河川敷遺体 逮捕少年に「パズル」 そのグループとは
    2. イタリア地震 「来るのが遅くてごめんね」消防士が手紙
    3. NHK 「障害者を感動話に」方程式批判
    4. 台風10号 西日本でも大雨の恐れ
    5. 青森・中1自殺 「いじめがなければ、もっと生きていた」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]