メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インフルエンザ

暖冬で 全国的に流行遅れてます

7日公表の最新患者数も流行入りの目安に達せず

 暖冬の影響で、季節性インフルエンザの全国的な流行が遅れている。例年12月には流行入りが発表されるが、今年は9年ぶりに年を越しても発表されず、厚生労働省が7日公表した最新の患者数も流行入りの目安に達していなかった。ただ過去には流行が遅れてもその後感染者が急増したシーズンもあり、医療関係者は早めの予防接種を呼びかけている。

 7日午後、福岡市中央区の広瀬病院で、来院した女性にインフルエンザの予防接種をした古賀稔啓(としひろ…

この記事は有料記事です。

残り1009文字(全文1242文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. イチロー、華麗な守備は健在
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです