メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2個の内部から「ひも付きの舌」確認

調査された銅鐸2個と、それぞれの内部から見つかった舌。舌の上部の穴にひもの一部がみえる=奈良市の奈良文化財研究所で、2016年1月7日午後3時5分、皆木成実撮影

 兵庫県教委と南あわじ市教委、奈良文化財研究所(奈文研)は7日、昨年4月に同市で見つかった松帆銅鐸(まつほどうたく)7個のうち、未調査だった2個の内部から、棒状の舌(ぜつ)がひもの一部が付着した状態で見つかったと発表した。他の2個の舌でも既にひもが確認されており、奈文研は「4個そろってひも付きの舌があったことで、銅鐸は音を鳴らす祭器という説が決定付けられた」としている。

     松帆銅鐸のうち6個は大小3組の銅鐸を「入れ子」にして埋められていた。単独だった1個と、入れ子状態を現場で分離させた2個にはそれぞれ舌があったが、ひもは確認されていなかった。今回調査した2個は高さ31.8センチの銅鐸の内側に同21.3センチの銅鐸が入れられた状態で、奈文研が中に詰まった砂を除いて調査。外側の銅鐸内に長さ13.8センチ、内側の銅鐸に同7.8センチの舌があり、それぞれの舌の穴には、銅鐸内側に舌をつるすためとみられる太さ4〜8ミリと同3ミリの植物繊維のひもの一部が残っていた。

     銅鐸と舌が一緒に見つかる例は極めて少なく、音を鳴らす用途には異論もあったが、難波洋三・奈文研埋蔵文化財センター長は「銅鐸を埋める際に舌を外すことが一般的だったのでは」としている。

     南あわじ市教委は2月9〜21日、同市松帆西路の市滝川記念美術館「玉青館」で今回調査した銅鐸などを展示する。問い合わせは市埋蔵文化財調査事務所(0799・42・3849)。【皆木成実】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 知的障害 通所女性が中絶 「望まない妊娠、再発防止を」 20代男女、施設内で性行為 施設側、認識の甘さ認める /神奈川
    2. 相模原の障害者施設殺傷 尊厳否定「二重の殺人」 全盲・全ろうの東大教授、福島智氏
    3. 民進党 岡田氏が代表選不出馬へ
    4. ポケモンGO 首都圏で50キロ歩いてみた
    5. AV出演強要 香西咲さん「私はこうして洗脳された」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]