メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

1618年から30年間だから日本では島原の乱や…

 1618年から30年間だから日本では島原の乱やポルトガル人の来航禁止などで鎖国が完成した時代である。欧州では新旧両教徒間の最後の宗教戦争である30年戦争がほとんどの大国を巻き込んだ▲戦場となったドイツでは各領邦の人口の30〜90%が失われる惨状を示した。戦場での虐殺や略奪は画家カロによって「戦争の惨禍」という版画集に描かれ、欧州の人々に衝撃を与えた。世俗(せぞく)的な近代主権国家からなる国際秩序はこの戦争の講和から生まれたとされる▲こんな世界史の教科書のような話をふりかえったのも、先ごろイスラム教スンニ派のサウジアラビアが同シーア派のイランと断交したと聞いたからだ。小さな領邦の宗派抗争が大国間の覇権争いを招き、長期にわたる戦乱と荒廃を招いた故事がどうしても頭をよぎる▲サウジがその国内のシーア派指導者をテロリストとして処刑したのにイランが反発、イランのサウジ大使館が群衆に放火された中での断交である。背景には宗派対立がからんだイエメンやシリアの内戦を代理戦争のようにしてきた両地域大国のパワーゲームがあった▲スンニ派の諸国も相次いでイランとの断交に踏み切る一方、米露が仲介を名乗り出るなど国際的波紋が広がったのも成り行きである。サウジとイランの指導者の思惑はどうあれ、そこここであおり立てられた宗派対立は誰も制御できぬ衝突の連鎖をもたらしかねない▲宗派的狂信に巣くう「イスラム国」(IS)などの過激派には願ってもない憎悪と暴力の混沌(こんとん)だろう。中東の安定と成長をそれこそ何十年も先まで左右しかねない両国指導者の思慮の深浅である。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 高畑裕太容疑者 24時間テレビだけで損害金1000万円超
    2. NHK 「貧困女子高生」に批判・中傷 人権侵害の懸念も
    3. 麻疹 大規模コンサートに感染者 2次感染可能性を警告
    4. 高畑容疑者 母淳子さん謝罪 前橋署で面会
    5. 投資詐欺 会社社長ら逮捕 113億円集め、警視庁

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]