メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

強硬

北朝鮮/中 米の戦略、手詰まり

最高司令部で軍幹部と作戦を検討する金正恩第1書記(手前)。背後の地図には米本土打撃計画と書いてある。2013年3月29日に朝鮮中央通信が配信した=朝鮮通信

交渉・制裁、失敗続き

 「はっきりさせたい。北朝鮮(問題)が放置されたことは、一日たりともない」。ケリー米国務長官が7日、国務省の記者会見室で気色ばんだ。イラン核問題や中東紛争に気を取られ、北朝鮮に4回目の核実験を許してしまったのではないか、と聞かれたからだ。

 6日の実験を受け、米議会ではオバマ政権の北朝鮮政策に野党共和党などから批判が噴出している。ケリー氏は、これまで取った対応は、中国の意向を優先したものだなどと説明し「責任の分散」を図った。確かに、オバマ政権は北朝鮮の核問題を完全に放置していたわけではない。昨年9月の米中首脳会談でも平和的解決に向けた連携を確認し、北朝鮮核問題を巡る6カ国協議参加国担当者とも、折に触れ協議をしてきた。

 関係者によると、近年、当局者の訪朝を調整したこともある。国際原子力機関(IAEA)で査察局長を務め…

この記事は有料記事です。

残り912文字(全文1283文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 森友学園 籠池夫妻、25日にも保釈 記者会見を予定
  2. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  3. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  4. 質問なるほドリ 「高プロ」って何?=回答・早川健人
  5. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]