メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドイツ

ケルン暴行事件 難民申請者22人が関与の疑い

 【ブリュッセル斎藤義彦】ドイツ連邦警察は8日、昨年の大みそかの夜から元旦にかけ、独西部ケルンの中央駅周辺で起きた暴行や窃盗事件に22人の難民申請者が関与した疑いがあると発表した。中央駅周辺では女性がアラブ系と見られる男らに集団で性的嫌がらせを受けたとして社会問題化し、難民の送還議論が高まっている。

     連邦警察によると事件に32人が関与した疑いがあり、うち22人が難民申請者だという。32人の国籍は▽アルジェリア9▽モロッコ8▽イラン5▽シリア4−−など。今回の発表には性的暴行は含まれていない。

     一方、内務省の発表や報道によると中央駅周辺での事件について約170件の告発があり、100件以上が性的暴行に関するものだという。

     ドイツでは大みそかの夜に花火を打ち上げる習慣があるが、報道によると、中央駅周辺に集まった約1000人の男が、女性に向けて花火に火をつけたり、性的な嫌がらせをしたりしたという。

     メルケル首相は8日、難民が罪を犯した場合に早期送還する法改正を「考慮せざるを得ない」と述べた。

     事件に関しては、警察の初動が遅れ、暴行を阻止できなかったとして当局に対する抗議デモも続けられている。批判を受けケルン警察長官が8日、更迭された。ケルン中央駅前には大聖堂と広場があり、観光名所になっている。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 草なぎ剛 「新しい可能性を信じて努力したい」 “今年最も輝いた男性”に喜び
    2. 女性議員の産休 公表で批判続々 前例少なく制度整備遅れ
    3. 首相 「籠池被告は詐欺を働く人物」 法曹関係者が批判
    4. 「森友」検査院報告 解明、あとは首相「誰が得、究明を」
    5. 大相撲九州場所 白鵬自ら「物言い」 軍配変わらず初黒星

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]