メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

回復の決め手、やはり「人とのつながり」

65歳以上のうつを含む気分障害の患者数

趣味のグループ活動に参加したり…千葉大グループ研究

 超高齢社会の日本で増加が心配されているうつ状態の高齢者のうち、地元への愛着が強かったり、趣味のグループ活動に参加したりする人はうつ状態から回復しやすいとの研究成果を、千葉大などのグループがまとめた。1月22日の日本疫学会で発表する。独り暮らしをしている高齢者への支援の重要性を示す研究成果として注目されそうだ。

     高齢者は「年齢を重ねて精神的に安定する」あるいは「年を取るとだれでも落ち込みやすくなる」などと見られがちだが、体力の衰えや健康への不安▽親しい人との死別▽独り暮らしの寂しさ−−などからうつ病になることが多いとされている。女性の患者が多く、高齢者人口の増加に伴い、患者も増加傾向だ。

     調査したのは、千葉大予防医学センターなどが中心の高齢者に関する国内最大規模の社会調査研究プロジェクト「日本老年学的評価研究」のグループ。2010〜11年度に「幸福でない」「人生がからっぽ」「悪いことが起きそう」「無力感がある」などと訴えるうつ状態を示した全国24市町の65歳以上の高齢者1万628人を対象に、調査開始時から2〜3年後の高齢者のうつ状態や、うつから脱却した要因などについて分析した。

     その結果、地元への愛着が「とてもある」と答えた人は、「全くない」という人に比べてうつ状態から回復した割合が2.3倍も高かった。趣味のグループ活動にほとんど毎日参加し、仲間とのつながりを大切にする高齢者は、参加しない人より回復率が1.5倍に上昇。老人クラブにほとんど毎日参加する人も1.4倍と高かった。

     日本では14年現在、65歳以上の高齢者世帯のうち独り暮らしの世帯が17%を占めており、今後「老後うつ」が増加する要因にもなりそうだ。調査した佐々木由理・千葉大特任助教(社会疫学)は「うつからの回復を図るうえでも、高齢者をひとりぼっちにせず、地域や仲間とのつながりの強さを深めることは重要だ」と指摘する。【河内敏康】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 強制性交等致傷容疑 無くした財布届けに…大阪市職員逮捕
    2. 都労委 「アリさんマーク」の不当行為認定 再発防止の確約書、全従業員の自宅へ
    3. 昭恵氏付 谷氏人事異動は「通常」 それとも「不自然」
    4. 高校野球 広陵・中村 清宮に対抗心「むかつくというか、いいライバル」(スポニチ)
    5. 東京都 小池知事の特別秘書2人給与は年額1410万円

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]