メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

海部宣男・評 『地底−地球深部探求の歴史』=デイビッド・ホワイトハウス著

 (築地書館・2916円)

「地球望遠鏡」は何を見たか

 鉱山の底からスタートして、地球の中心、地下六四〇〇キロの想像を絶する世界まで読者を案内する。だからこの本には、原題「地球中心への旅」のほうがふさわしい。

 地球の中心へ実際に行くことは、むろんできない。それに、宇宙なら望遠鏡で一三八億光年彼方(かなた)まで見通せるが、岩石で固めた地球は一センチたりとも見通せない。となれば、地下深く穴を掘って調べるのが第一歩だろう。だがどんな鉱山でも、人間が行ける深さはせいぜい四キロ足らずで、そこですら、あまりの高熱にあえがなくてはならない。地球の半径六四〇〇キロの千分の一足らず、表面をひっかいただけなのに。

 ドリルで穴をあけて地下深く岩石を採集するのは重要な方法だ。だがこれも最高記録は、一九八三年にソ連が…

この記事は有料記事です。

残り1116文字(全文1465文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『銀魂』9月15日発売の『週刊少年ジャンプ』で完結 作者の初連載作品15年の歴史に幕
  2. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  3. アジア大会 バスケ不祥事、4選手帰国 認定取り消し処分
  4. 夏の高校野球 大阪桐蔭、済美降し4年ぶり決勝進出
  5. 辺野古移設 政府が遅延損害金請求検討 1日2000万円

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです