メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

避難先いわきで「巨大ダルマ引き合戦」復活

5年ぶりに復活した巨大ダルマ引き合戦に参加する双葉町民ら=福島県いわき市の南台仮設住宅で2016年1月9日午後1時37分、佐々木順一撮影

 多くの福島県双葉町民が避難する同県いわき市の南台仮設住宅で9日に始まった「双葉町ダルマ市」で、東京電力福島第1原発事故後に中断していた「巨大ダルマ引き合戦」が復活した。

 ダルマ市は双葉町で江戸時代から続くとされる新春行事。合戦は約30年前から行われてきたが、原発事故で全町避難となり、町役場の倉庫からダルマを持ち出せなくなった。このため高さ約3メートル、重さ約700キロの新しいダルマを昨年8月、完成させた。

 約200人が東西に分かれ、東が勝てば「商売繁盛、家内安全」、西ならば「無病息災、身体堅固」で綱を引き合った。3戦行って1勝1敗1引き分けとなり、「いずれもかなう」とのめでたい結果に。主催団体会長の中谷祥久さん(35)は「町民の笑顔を見ることができてよかった」と話した。ダルマ市は10日まで。【佐々木順一】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米大統領 「心配いらない」オバマ氏、行方に楽観的
  2. イタリア 地震続発、雪崩でホテル客ら不明
  3. 山形県立高 女性教諭…実は教員免許状なし教壇32年間
  4. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分
  5. 茨城・県立高 教諭がバールで生徒殴る…笑われ立腹

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]