メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

避難先いわきで「巨大ダルマ引き合戦」復活

5年ぶりに復活した巨大ダルマ引き合戦に参加する双葉町民ら=福島県いわき市の南台仮設住宅で2016年1月9日午後1時37分、佐々木順一撮影

 多くの福島県双葉町民が避難する同県いわき市の南台仮設住宅で9日に始まった「双葉町ダルマ市」で、東京電力福島第1原発事故後に中断していた「巨大ダルマ引き合戦」が復活した。

 ダルマ市は双葉町で江戸時代から続くとされる新春行事。合戦は約30年前から行われてきたが、原発事故で全町避難となり、町役場の倉庫からダルマを持ち出せなくなった。このため高さ約3メートル、重さ約700キロの新しいダルマを昨年8月、完成させた。

 約200人が東西に分かれ、東が勝てば「商売繁盛、家内安全」、西ならば「無病息災、身体堅固」で綱を引き合った。3戦行って1勝1敗1引き分けとなり、「いずれもかなう」とのめでたい結果に。主催団体会長の中谷祥久さん(35)は「町民の笑顔を見ることができてよかった」と話した。ダルマ市は10日まで。【佐々木順一】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都議会総務委 舛添氏、資料提出拒む…政治資金使い道
  2. 交通事故 テントさん、はねられ死亡…吉本お笑いタレント
  3. 米大統領選 トランプ氏、誇張や誤り…メディア即座に指摘
  4. 埼玉誘拐初公判 外出時助け拒まれ絶望…少女の調書明かす
  5. 政活費不正 架空視察で20万円受領、富山市議辞職へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]