メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

胎児性・小児性患者「父の倍生きた」還暦祝い

「還暦を祝う集い」で祝福される水俣病胎児性患者ら=熊本県水俣市で2016年1月9日午前10時53分、矢頭智剛撮影

 「父の倍を生きた」「もう一回歩ければ」−−。「公害の原点」とされる水俣病の胎児性・小児性患者の「還暦を祝う集い」が9日、熊本県水俣市の水俣病患者らの生活支援施設「ほっとはうす」であった。患者らは自ら選んだ晴れ着姿で祝福を受け、人生の節目に感慨を込めた。水俣病は5月1日、公式確認から60年を迎える。

 祝福を受けたのは施設を利用している胎児性患者の金子雄二さん(60)ら60歳前後の6人。

 金子さんは真っ白いタキシードを着て、車いすで登場した。父親は金子さんが生まれる直前、劇症型の水俣病のため27歳の若さで亡くなった。金子さんは口周辺の硬直で発音が困難だが、その遺影を背に「お父さんの命の倍を生きた」と振り絞るように話した。

 胎児性患者の加賀田清子さん(60)は青いドレス姿。「もう一回、歩けるようになったらいいな。そうしたら、もう一回、このドレスを着たい」。若い頃は歩くこともできたが、30代後半から急速に身体機能が低下して車いす生活になった。それでも、歩行器を使ったリハビリを続け、再び歩くことを夢見ている。

 6人は記念撮影や、お祝いのケーキに入刀して大きな拍手を浴びた。【笠井光俊】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 24時間テレビ 裕太容疑者逮捕で前代未聞ドタバタ劇も間に合った
  2. 吹石一恵 第1子を妊娠 福山雅治がパパに
  3. 貧困たたき 新宿で緊急抗議デモ 作家の雨宮処凛さんらも
  4. MRJ 仕切り直し再出発 米国に向け離陸
  5. 全日空 機長席窓にひび シンガポール行き、那覇に着陸

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]