メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

巨人新人研修会 賭け事の禁止で講義1時間

 今季、プロ野球・巨人に入団した育成を含む15選手を対象にした新人研修会が9日、川崎市内の同球団の寮で始まり、初日は「巨人軍選手として」をテーマに、約1時間の講義が行われた。

     昨秋、所属3投手による野球賭博問題に揺れた巨人。この日は、再発防止のために設立された「紀律委員会」の松尾英治事務局長や警察OBらが講師として出席。賭け事の禁止などを改めて呼びかけた。ドラフト1位の桜井俊貴投手(立命大)には、球団創設者の故・正力松太郎氏が提唱した「常に紳士たれ」「常に強くあれ」「米国野球に追いつき、そして追い越せ」の「巨人軍憲章」を読み上げさせるなど、かつては「球界の盟主」とされたリーダーとしての自覚を強く求めた。

     松尾事務局長は「もう一度襟を正し、巨人軍憲章を頭にたたき込んで(高い)意識で生活してほしい」と強調。桜井は「背負った巨人の看板を汚さない生活をすることが大事」と話した。【平本泰章】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 米軍 「先制攻撃の準備」 北朝鮮核実験強行なら 米報道
    2. 森友学園 交渉で昭恵氏の名 籠池氏が財務省幹部に
    3. 福岡3.8億円強奪 大金運搬は複数で…安全対策
    4. 米韓 THAAD、急いだ配備 北朝鮮の挑発警戒
    5. 東大 セックスでの同意とは…「キャンパスレイプ」なくせ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]