メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日新聞1946

新聞に見る「天皇」像の変遷 現人神から象徴へ

地方巡幸の初日、横浜の稲荷台共同宿舎を訪れ戦災者を激励する昭和天皇(右)=1946年2月19日撮影

 1946年元日の毎日新聞朝刊は1面に、背広姿で散歩する昭和天皇の写真とともに、いわゆる「人間宣言」を掲載した。現人神(あらひとがみ)とされていた天皇が、自らの神格を否定した詔書だ。併せて、宮内省担当の藤樫準二記者による「拝謁記」も載せた。

 藤樫氏は前年暮れ、担当26年目にして初めて、他の宮内省担当記者16人と天皇に会った時の様子を記す。「これほど身近に御姿を拝したことはなく、またもとより御声に接したこともなかった」。皇室を覆っていた厚いベールは、民主化の流れに昭和天皇の強い意思も相まって、徐々に外されていった。

 戦時中の皇室取材は厳しく制限されていた。藤樫氏の著書によると、宮内省は秘密主義で記者会見は一切なし…

この記事は有料記事です。

残り1170文字(全文1479文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「おまえのせいでとれなかった。殺すぞ」 ポケGO中か 警察官殴った疑い、男逮捕
  2. 器物損壊 車内で体液かける 府教委指導主事に有罪判決 地裁 /京都
  3. 社説 菅官房長官の記者会見 自由な質問を阻む異様さ
  4. 勤労統計調査方法変更「自分が…」元首相秘書官の言い分 首相は“われ関せず”か
  5. ORICON NEWS 神木隆之介、福山雅治の部下に 4月期日曜劇場『集団左遷!!』追加キャスト決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです