メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

海中の大型トカゲ? 本州で初めて発見 和歌山

水槽で展示されているトゲオオイカリナマコ=藤原弘撮影

 和歌山県串本町有田の串本海中公園水族館で、ナマコの仲間のトゲオオイカリナマコが公開展示されている。体長が約74センチあり、同水族館職員の平林勲さん(25)が、エビなどの採集のため同公園海中展望塔沖約40メートルの海に潜っていて見つけた。

     大きいものは1メートルを超える熱帯の海にすむ大型ナマコで、白い半透明の体に茶色の斑点がある。水族館によると、国内ではこれまで沖縄県や高知県、八丈島で見つかったが、本州では初めてという。【藤原弘】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 風知草 浮かれてられないよ=山田孝男
    2. 都知事選 小池氏リード 増田氏、鳥越氏追う 本紙調査
    3. ポケモンGO 首都圏で50キロ歩いてみた
    4. リオ五輪 セーリングの水質心配 「巨大なトイレ」指摘も
    5. 群馬大病院 手術死続発 執刀医独走、組織に問題 調査委が報告書

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]