メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東海大仰星が4回目V 桐蔭学園降す

優勝し喜び合う東海大仰星の選手たち=東大阪市花園ラグビー場で2016年1月11日、三村政司撮影

 第95回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、日本ラグビーフットボール協会、全国高校体育連盟、大阪府、大阪府教委主催、神戸製鋼グループ、毎日放送特別協賛)は11日、東大阪市花園ラグビー場で決勝があり、東海大仰星(大阪第1)が桐蔭学園(神奈川)を37−31で破り、2大会ぶり4回目の優勝を果たした。

 東海大仰星は前回大会の東福岡に次いで2校目の全国高校選抜大会、全国高校7人制大会と合わせた「高校3冠」を達成した。前半に一時リードを許したが、終了間際に逆転。後半も先にトライを奪い、主導権を握った。

 桐蔭学園は東福岡と両校優勝だった90回大会(2010年度)以来2回目の優勝を目指したが、前回決勝に進出した一昨年度に続いて東海大仰星に敗れ、4回目の準優勝となった。

 今大会は95回記念大会枠4校を加えた55校が出場した。11日の決勝には1万3498人が入場。7日の準決勝2試合で大会最多を更新していた総入場者数は12万7123人に達し、これまで最も多かった93回大会(13年度)の10万9434人を1万7689人上回った。【藤田健志】

桐蔭学園(神奈川) 反5

2 2 1 017◆2 2 0 014◆31

T G P D 前◆T G P D 後◆計

3 2 0 019◆2 1 2 018◆37

東海大仰星(大阪第1)反8

 ▽主審=原田隆司

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男児置き去り 激しい雨、捜索打ち切り
  2. 行方不明 7歳児を山に一時放置 父「しつけ」 北海道
  3. 男児置き去り 依然見つからず 写真を公開 北海道
  4. 名人戦 佐藤天彦がタイトル奪取 羽生に4勝1敗
  5. トヨタ 生産を一部休止…工場爆発事故、減産影響懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]