メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

B52爆撃機を韓国派遣 低空飛行で北朝鮮けん制

米韓両軍の戦闘機とともに韓国上空を飛行する米軍のB52戦略爆撃機=2016年1月10日(韓国国防省提供)

 【ソウル米村耕一】米軍は10日、核弾頭を搭載できるB52戦略爆撃機1機を米領グアムから韓国へ派遣し、韓国空軍の戦闘機などと共にソウルの南に位置する烏山(オサン)周辺を低空飛行した。米韓軍の連携を誇示し、4回目の核実験を強行した北朝鮮をけん制するのが狙いだ。米太平洋軍のハリス司令官は声明で「韓国と日本という同盟国を守り、米本土を防衛する強固な決意を示すものだ」と述べた。

 B52の派遣には、韓国が米国の核兵器によって守られていることを明確に示す狙いがある。韓国に駐留する米第7空軍のオショネシー司令官は声明で「米軍による韓国防衛のための献身には、通常兵器および核の傘による抑止が含まれる」と強調した。

 米軍の発表によると、グアムのアンダーセン空軍基地に配備されているB52が飛行を実施した。米軍のF16、韓国軍のF15戦闘機が護衛する形で、烏山の在韓米空軍基地上空を低空飛行し、同日中にグアムに戻ったという。

 ハリス氏は声明で「北朝鮮の核実験は国際義務に明確に反している。アジア太平洋の米軍は、安定と平和を維持するため、地域の全ての同盟・パートナー諸国と引き続き協力する」と述べた。

 ソウルの外交関係者は「(B52には)北朝鮮に対する強いメッセージ効果がある」と指摘する。米軍は北朝鮮による3回目の核実験(2013年2月)の際、約1カ月後に韓国で実施した米韓合同軍事演習にB52を派遣した。この時、北朝鮮は朝鮮人民軍の戦略ロケット軍などに高度な警戒態勢である「1号戦闘勤務態勢」をとらせて反発した。今回のB52の飛行にも敏感に反応する可能性がある。

 韓国の聯合ニュースは10日、米韓両政府がさらに北朝鮮への圧力を高めるため、2月下旬以降に計画していた定例の米韓合同演習の前倒しを検討していると伝えた。また、米軍が朝鮮半島周辺で原子力空母や原子力潜水艦の展開を検討しているとの報道もある。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口組分裂1年 神戸山口組が会合 幹部ら次々と集まる
  2. 山口組分裂1年 元組長「代紋も足かせ メシ食えぬ」
  3. 山口組分裂 極秘の和解交渉、決裂 27日で1年
  4. ワンセグ放送 NHK受信料、支払い義務ない
  5. 高畑容疑者 淳子さん会見での質問に批判殺到「不快だ」「母親に聞くな」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]