メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山形・酒田の防波堤

パナマ船座礁、けが人なし

座礁したパナマ船籍の貨物船から乗組員をつり上げて救助する航空自衛隊秋田救難隊所属のヘリコプター=山形県酒田市の酒田北港北防波堤で2016年1月10日午前9時45分、日報連会員・阿部辰修(たつはる)さん撮影

 10日午前5時20分ごろ、山形県酒田市宮海の海岸近くの防波堤に、パナマ船籍の貨物船「CITY」(4359トン)が乗り上げて座礁したと、第2管区海上保安本部に連絡があった。ロシア人とバングラデシュ人の乗組員計18人は航空自衛隊や海上保安庁のヘリコプターで全員救助され、けが人はなかった。

     酒田海上保安部によると、座礁したのは酒田共同火力発電所近くの北防波堤。貨物船は9日午後3時ごろに秋田港を出港し、同8時ごろから酒田港外で待機。14日に同港で荷物を積み込み、韓国に向かう予定だった。

     防波堤に沿って油膜があり、燃料の油などが流出したという。同海保が座礁の原因を調べている。

     山形地方気象台によると、当時、酒田市沿岸部には風雪・波浪注意報が出されていた。【野間口陽】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
    2. 森友学園 籠池夫妻の保釈決定 補助金詐欺で大阪地裁
    3. 道交法違反容疑 交差点でこたつ、2人目を逮捕 京都府警
    4. 麻薬密輸容疑 静岡朝日テレビ社員を逮捕
    5. 財務省 森友交渉記録、答弁に合わせ廃棄 理財局職員指示

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]