メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チャレンジテスト

内申点反映、対策に熱 「影響一部」の声も あす、大阪府の中1・2

昨年度のチャレンジテストの問題を塾生に配る得能荘之輔さん(左)=大阪市都島区で2016年1月7日、大久保昂撮影

 大阪府の公立中学校の1、2年生全員を対象とした「チャレンジテスト」が13日に実施される。昨年度に続き2度目だが、今回から結果が高校入試の内申点に反映されるため、過去問題を解いたり、学習塾の冬期講習を受講したりして準備する動きが広がった。「低学年から緊張感を持って勉強するきっかけになる」との評価がある一方、競争激化への懸念も根強い。【大久保昂】

 「どんなものかを知って、実力通りに力を発揮してほしい」。大阪市の中学校で3学期が始まった7日。同市…

この記事は有料記事です。

残り756文字(全文979文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺人 IT講師刺され死亡 福岡繁華街、容疑者か男出頭
  2. トランプ氏 「日本で私は英雄」米テレビで主張
  3. 毎日世論調査 内閣支持率36% 前回比5ポイント増
  4. 鹿児島 腹から血流して男性死亡 サウナで殺人事件 
  5. サッカー日本代表 「会おう」マネの誘い 断った吉田

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]