メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山と暮らし

/8 塩尻・山のお宝ステーション 「自伐林家」育成に力 /長野

塩尻市が開いた貸し出し用ロープウインチの講習会=塩尻市の高ボッチ高原で

 昨年12月12日午前、木材を満載した軽トラックが数台、松本平を一望する塩尻市片丘の高台にやってきた。周囲には、既に大量のまきが積み上げられている。

 近くに住む会社員、河野秀夫さん(64)はヒノキ140キロを持ち込み「今朝、1時間ほどかけて切ってきた」と話した。

 塩尻市は2014年9月から、事前登録した市民から間伐材(直径15センチ以上、長さ45センチ)を1トン5700円で買い取る「山のお宝ステーション」を月1回実施している。

 河野さんは、曽祖父の代から受け継ぐ山林約2ヘクタールを所有。かつて薪炭として利用した山も、この40…

この記事は有料記事です。

残り692文字(全文957文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共働き 日本の母親「仕事と家庭のバランス」満足度が最低
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 夏の高校野球 大阪桐蔭、2度目の春夏連覇 史上初
  4. 多言語 母国語を大切に 日本の絵本から翻訳、ネット公開
  5. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです