メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほどパラリンピック

競技用車いす、一般用との違いは?=回答・岩壁峻

左から一般用、テニス用、陸上用の車いす。用途によって形状が全く異なる

軽くて安定、選手に合わせ特注

 なるほドリ パラリンピックでは車いすを使った競技があるよね。一般の車いすとはどう違うのかな?

 記者 競技用の車いすを製造する「オーエックスエンジニアリング」(千葉市)に話を聞きました。目に見える違いは構造です。一般用は持ち運びができるよう折りたたみ式ですが、競技用はフレームが固定されています。これにより折りたたみ式に比べ接地面が安定し、力を伝えやすくなります。同社の場合、一般用は既成の部品で製造しますが、競技用はオーダーメード。図面作りから始めるなど手間がかかります。一般用の価格は十数万円台ですが、競技用は安いものでも30万円はするそうです。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女子中学生を脅迫容疑、31歳男逮捕 警視庁
  2. 米国 超音速兵器に危機感 中露優勢、迎撃難易度高く
  3. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  4. 韓国の無礼発言は「不適切で遺憾」 統合幕僚長が異例の批判
  5. 勤労統計の資料を廃棄 厚労省04~11年分、再集計は困難

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです