メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

川越・菓子屋横丁

再建始動 街並みと一体感、2店「町家風」に /埼玉

 川越市の観光名所「菓子屋横丁」(元町2)で昨年6月に発生した火災で、全焼した3店舗のうち「稲葉屋」が12日、再建に向けて着工した。4月ごろに元の2棟のうち1棟が完成予定という。同じく全焼した隣の「吉仁(よしじん)製菓」は4月に着工見通しで、両店とも横丁の景観に合わせた町家風の「出桁造(だしげたづく)り」で建てられる。

 稲葉屋は県道に面した1棟を先に再建し、残る棟も完成するのは今夏になる見込み。店主の長井良憲さん(4…

この記事は有料記事です。

残り385文字(全文595文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 地面師事件 なりすまし容疑者 本人確認で「えと」間違う
  2. ORICON NEWS ゴジラ、NASA研究チームが“星座”に認定 日本の怪獣では初
  3. 1000円札 記号と番号の印刷色、褐色から紺色に変更
  4. 地面師事件 なぜ、積水ハウスはだまされたのか
  5. 堺・弟殺害 父の搬送時、一緒にいた母親も昏睡状態

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです