メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訴訟

後に「反社会的」と判明、保証は有効

 信用保証協会が保証した金融機関の融資を巡り、融資先が暴力団関連企業など反社会的勢力だと判明した場合にも保証は有効かどうかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁第3小法廷(大谷剛彦裁判長)は12日、「金融機関が一般的な調査をしても反社会的勢力と分からなかった場合、保証は有効」との判断を示した。

 融資先からの回収が困難になった金融機関側が、信用保証契約に基づいて保証の実行…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文463文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三越伊勢丹 再編を加速 札幌の1館閉鎖検討
  2. 福岡県警 イオン来店ポイント詐取容疑、男逮捕
  3. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  4. 大リーグ エンゼルス大谷がア・リーグ新人王
  5. 東京地裁 不審なはがきに注意呼びかけ 実在しない名で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです