メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

30ドル割れ 12年1カ月ぶり NY市場で

 【デトロイト清水憲司】12日のニューヨーク原油先物市場で米国産標準油種(WTI)が12年1カ月ぶりに1バレル=30ドル台を割り込んだ。中国経済の減速などで需給は緩んでいるが、産油国が減産に乗り出す動きは乏しく、原油価格低迷は長期化の様相をみせている。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自動車 佐藤選手に差別的投稿…インディ優勝で米紙記者
  2. 松尾貴史のちょっと違和感 安倍首相の国会答弁 あまりに下品で不誠実で幼稚
  3. チバニアン 「千葉時代」命名なるか…地質年代、6月申請
  4. サンシャイン池崎 「釣りまアース」過酷ロケで高熱ダウン スタッフに激怒する場面も
  5. 日本維新の会 橋下氏が政策顧問退任へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]