メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボクシング

王者いとこ、デビュー戦でKO勝ち 井上浩樹

デビュー戦で一回KO勝ちした世界2階級制覇の井上尚弥のいとこの浩樹=有明コロシアムで2015年12月29日、山本晋撮影

 世界王者を生み出したボクシング一家から、また一人、プロデビューした。WBO(世界ボクシング機構)スーパーフライ級王者の井上尚弥(22)、東洋太平洋スーパーフライ級王者の井上拓真(20)=ともに大橋=兄弟のいとこ、井上浩樹(こうき、23)=大橋=は、昨年12月29日のスーパーライト級6回戦でインドネシア人選手を相手に一回KO勝ちを収めた。「やるからには頂点を目指す」と、いとこたちに追いつくためにも、強い意気込みを示した。

 右利きながら、ボクサーとしてはサウスポーの井上浩は、序盤から左ボディーを当てて主導権を握った。左ア…

この記事は有料記事です。

残り400文字(全文662文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衝突事故 藤岡弘さんがタクシーと 運転手が首捻挫の軽傷
  2. ももクロ コンサート、大勢のファン予想に近江鉄道苦悩
  3. 新潟 米山知事、援助交際「3、4年前から断続的に」
  4. 新潟知事辞任 「中年男性がのぼせたということ」
  5. 宮崎 霧島連山の硫黄山噴火 噴火警戒レベル3に引き上げ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]