メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボクシング

王者いとこ、デビュー戦でKO勝ち 井上浩樹

デビュー戦で一回KO勝ちした世界2階級制覇の井上尚弥のいとこの浩樹=有明コロシアムで2015年12月29日、山本晋撮影

 世界王者を生み出したボクシング一家から、また一人、プロデビューした。WBO(世界ボクシング機構)スーパーフライ級王者の井上尚弥(22)、東洋太平洋スーパーフライ級王者の井上拓真(20)=ともに大橋=兄弟のいとこ、井上浩樹(こうき、23)=大橋=は、昨年12月29日のスーパーライト級6回戦でインドネシア人選手を相手に一回KO勝ちを収めた。「やるからには頂点を目指す」と、いとこたちに追いつくためにも、強い意気込みを示した。

 右利きながら、ボクサーとしてはサウスポーの井上浩は、序盤から左ボディーを当てて主導権を握った。左ア…

この記事は有料記事です。

残り400文字(全文662文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共働き 日本の母親「仕事と家庭のバランス」満足度が最低
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 夏の高校野球 大阪桐蔭、2度目の春夏連覇 史上初
  4. 感謝状 警察犬ヨルト号、行方不明の男性を救う 富山
  5. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです