メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イスタンブールでIS自爆テロ…10人死亡

 【エルサレム大治朋子】トルコの最大都市イスタンブール中心部の旧市街スルタンアフメット地区で12日午前10時半(日本時間同日午後5時半)ごろ、大きな爆発があり、地元当局によると、少なくとも10人が死亡、15人が負傷した。トルコ政府は、過激派組織「イスラム国」(IS)メンバーによる自爆テロと断定。容疑者は1988年生まれのシリア出身者と特定したとしている。

     エルドアン大統領は同日、首都アンカラでの演説で「断固としてテロと戦う」と述べ、犯行を非難した。犯行声明は出ていない。

     現場は「ブルーモスク」の通称で知られる世界遺産「スルタンアフメット・モスク」(イスラム礼拝所)やアヤソフィア博物館がある観光名所で、爆発当時も多くの外国人観光客でにぎわっていた。

     AFP通信によると、犠牲者のうち9人はドイツ人だった。死者に自爆犯が含まれるかは不明。在イスタンブール日本総領事館によると、日本人が巻き込まれたとの情報はない。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 舛添氏 どれが「シロ」? 政治資金問題、都議会追及へ
    2. 小学館 本の回収を要請 西原さんと高須さん共著書
    3. 橋下前大阪市長 舛添都知事問題「セコイ」 島根で講演
    4. 特集ワイド 「原点」忘れた?舛添都知事 「弱者向いた政治を」→福祉政策に疑問符 「公のために尽くす」→クリーンほど遠く
    5. ヘイトスピーチ 公園利用を全国初の不許可 対策法で規制容易に 強行の対応に限界も 川崎市 /神奈川

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]