メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミサイル防衛に「懸念」…訪問中の高村氏に

 【モスクワ杉尾直哉】ロシアを訪問中の自民党の高村正彦副総裁は12日、ラブロフ外相と会談した。ラブロフ外相は、北朝鮮の核問題に関連し、米国が日韓両国で強化を計画するミサイル防衛(MD)について「中露の懸念を呼んでいる」と強く批判した。

     高村氏は「北朝鮮の現実的な脅威に直面する中、日本の安全保障上、極めて重要」と応じた。北朝鮮が実施した核実験への対処策として、日露が国連安全保障理事会を通じて協力する姿勢では一致した。

     高村氏はまた「安倍晋三首相には日露関係を発展させる熱意がある」と述べ、プーチン大統領宛ての首相の親書をラブロフ氏に渡した。日本は昨年延期されたプーチン氏の訪日を今年実現させたい考えだ。

     ラブロフ氏は「制限なく開かれた対話が、両国間のすべての問題を解決する可能性を開く」と述べ、ウクライナ問題に絡む日本の対露制裁が阻害要因になっているとの考えを示唆した。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 台風10号 「私の判断ミス」高齢者施設常務理事
    2. 和歌山射殺 緊迫58時間、突然終結 容疑者自殺
    3. 遭難 谷口けいさん死亡 「ますます活躍」矢先に
    4. 和歌山射殺 身柄確保まで58時間 対応後手に
    5. 台風10号 「大変なことになった」9人死亡の岩手・岩泉

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]