メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

会議遅れたくない…男性線路へ トラブルで停止後

 JR常磐線で12日朝、トラブルが続き、直通する東京メトロ千代田線を含めダイヤが乱れ、約10万4000人に影響した。

 JR東日本などによると、午前8時15分ごろ、東京都足立区の千代田線綾瀬駅で客がホームから転落。同駅手前約300メートルの常磐線亀有−綾瀬間で普通電車が緊急停止した。乗客の40代男性が約15分後、電車の窓から降り、線路を歩き始めたという。

 このため複々線を並走する快速電車も一時運行を見合わせたほか、電車の停止場所が架線が重複する絶縁区間「エアセクション」で、そのまま運転を再開すると架線がショートする恐れがあって復旧に時間がかかり、普通電車は約1時間後に運行を再開した。

 JR東によると、男性は「会社の会議に遅れたくなかった」と説明しているという。同社は「遅れ自体は申し訳ないが、乗務員の指示がない限り線路には絶対降りないでほしい」と呼びかけている。【本多健】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強制わいせつ容疑 サッカーU18の選手を逮捕…長野県警
  2. 悪ふざけ投稿 消防士3人が尻にホース、裸でポンプ車
  3. トイレ盗撮 法の穴 16県、条例規制は「公共の場所」
  4. 特集ワイド 「SMAPロス」の克服法 年末解散まで1カ月あまり… 300万枚に迫る「世界に一つだけの花」
  5. 明星食品 チョコ、ケーキ 変な味焼きそばで最後発が狙うブルーオーシャン

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]