メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「健康状態」調査…13日、保存修理工事を開始

半世紀ぶりとなる保存・修理工事の無事を祈って行われた法要=神奈川県鎌倉市で2016年1月12日

 国宝の鎌倉大仏(銅造阿弥陀如来坐像=あみだにょらいざぞう)の保存修理工事が13日、神奈川県鎌倉市長谷の鎌倉大仏殿・高徳院(佐藤孝雄住職)で始まる。工事期間は3月10日までで、保存状態の詳細な調査や大仏に悪影響を及ぼす進行性のさび(塩化銅)の除去などが行われる。足場を組んで覆いをかけるため、工事期間中は大仏を拝観できなくなる。

     13日から資材の搬入が始まり、18日ごろには大仏を足場が囲む姿になるという。大仏は1959年から2年半がかりで「昭和の大修理」が行われ、免震構造などが取り入れられた。半世紀以上を経た今回は、免震構造の状態を含め多角的に大仏の「健康状態」を調査し、後世につなぐ基礎データを集める。

     工事期間中、境内は一部立ち入りができなくなるが、札所や直営売店は通常通り営業し、拝観料(中学生以上200円)は無料となる。【因幡健悦】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 麻疹 大規模コンサートに感染者 2次感染可能性を警告
    2. NHK 「貧困女子高生」批判相次ぎ、国会議員も乗り出す
    3. 東京五輪 桜描いたカラー記念1000円硬貨
    4. 特集ワイド SMAPはなぜ愛されたのか 解散発表に国民的反響 識者対談
    5. ポケモンGO 運転中にゲーム 国内初の死亡事故 徳島

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]