メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

受験と私

女子ラグビー日本代表の竹内亜弥さん 「自分でルール作って勉強を」

主将を務めるARUKAS QUEEN KUMAGAYAの練習に励む竹内亜弥さん(中央)=米田堅持撮影

 リオデジャネイロ五輪出場を決めた女子ラグビー日本代表でフォワードとして活躍する竹内亜弥選手は、京都大学文学部卒業後、新潮社へ入社し、社会人になってからラグビーを始めました。自分で決めたことをやり抜く力は、大学受験の時から培われていました。【聞き手・中嶋真希】

 子どものころから、好きなことはとことんやる性格。本を読むのが大好きで、1人5冊借りられる市の図書館で、家族のカードを全部集めて25冊借りていました。大人になってから聞いた話ですが、道に寝そべって、ずっと虫を観察していたら「亜弥ちゃんが道で倒れている」と近所で騒ぎになったこともあるらしいです。

 愛知県江南市の私立滝中学校に入学しました。母が京都大バレーボール部出身で、よくママさんバレーに連れ…

この記事は有料記事です。

残り1918文字(全文2245文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 韓国警察、「JYJ」ユチョン氏の逮捕状請求へ 麻薬使用容疑で
  4. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  5. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです