メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうすれば安全安心

住宅リフォーム業者の選び方 即契約せず見積もり比較

リフォームを行う際の主なポイント

 手ごろな中古マンションを買って自分好みに改装したり、足腰が弱ったお年寄りが動きやすいように改造したりするなど住宅のリフォームが広がっている。ただトラブルが少なくないのも現実だ。まだ多くの人にはなじみの薄いリフォームだが、何に注意すべきか。業者はどう選べばいいのだろう。【宇田川恵】

訪問販売トラブル増加/工事追加は書類を変更/進み具合は自分で確認

 「塗装がはげている、屋根瓦が欠けている、などとひっきりなしに業者が訪ねて来る。雨漏りしないか心配で……」。埼玉県内に住む70代の女性がため息交じりに話す。突然訪ねて来た見ず知らずの業者に家の不具合をあちこち指摘され、不安にかられる人は多いのではないか。だが「言われるままにその場で契約してしまうのが最も危険です」と、住宅リフォーム・紛争処理支援センター参事の青木稔さんは注意を呼び掛ける。

 センターは、住まいに関する相談機関として国が指定。2014年度には約2万6000件の電話相談を受け…

この記事は有料記事です。

残り1978文字(全文2396文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  2. 質問なるほドリ NHK受信料、支払いは義務? テレビ設置日から 最高裁が初判断=回答・伊藤直孝
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. NHK受信料 憲法判断 契約成立時期なども あす最高裁判決
  5. 宮城県警 交番で警官刺され死亡、男撃たれ死亡 仙台

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです