メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松本俊彦のこころと向き合う

/10 無防備な正直さが心配だ

 昨年10月、京都で小学6年の男児が大麻吸引を教師に告白するという事件があった。危険ドラッグまん延の記憶が覚めやらぬうちに、今度は「小学生」だ。世間が衝撃を受けたのも無理はない。

 だが、私は別のことが気になっている。男児の「正直さ」が解せないのだ。彼は教師に喫煙を注意された際、自ら進んで「大麻も使ったことがある」と告白したという。この態度、あまりに無防備だ。報道によれば、事情聴取で「家族に隠れて使用した」「悪いとは分かっていた」と語ったらしい。善悪の区別を知らなかったわけではなさそうだ。

 正直が悪いというつもりはない。ただ、人は誰しも自分を守るためについついウソをついてしまうものなのだ…

この記事は有料記事です。

残り591文字(全文887文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  2. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  3. 大阪震度6弱 「水、食料を」買い物客殺到 品切れ相次ぐ
  4. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  5. 人生相談 不愉快な質問、かわせない=回答者・光浦靖子

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]