メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松本俊彦のこころと向き合う

/10 無防備な正直さが心配だ

 昨年10月、京都で小学6年の男児が大麻吸引を教師に告白するという事件があった。危険ドラッグまん延の記憶が覚めやらぬうちに、今度は「小学生」だ。世間が衝撃を受けたのも無理はない。

 だが、私は別のことが気になっている。男児の「正直さ」が解せないのだ。彼は教師に喫煙を注意された際、自ら進んで「大麻も使ったことがある」と告白したという。この態度、あまりに無防備だ。報道によれば、事情聴取で「家族に隠れて使用した」「悪いとは分かっていた」と語ったらしい。善悪の区別を知らなかったわけではなさそうだ。

 正直が悪いというつもりはない。ただ、人は誰しも自分を守るためについついウソをついてしまうものなのだ…

この記事は有料記事です。

残り591文字(全文887文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  2. 大塚家具、埼玉と千葉の2店舗 19年1月14日に閉鎖へ
  3. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  4. 札幌爆発 パニックの中、床抜け落ち助かる 間一髪の様子を客らが証言
  5. 不幸中の幸い 「偶然」重なり…死者なしの「なぜ」 札幌爆発事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです