メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がん

増殖の遺伝子発見 治療薬開発に可能性 国立がん研究センターチーム

 さまざまな種類のがんの増殖に関わる遺伝子を見つけたとの研究成果を、国立がん研究センター研究所のチームが12日付の科学誌に発表した。低酸素や栄養不足などのストレスにさらされるがん細胞を保護する働きをしており、この遺伝子の働きを阻害する物質を開発できれば、幅広くがん細胞の増殖を抑える新たな抗がん剤につながる可能性があるという。【下桐実雅子】

 チームは「IER5」という遺伝子が作るたんぱく質に着目。がん化との関連は知られていなかったが、分析…

この記事は有料記事です。

残り367文字(全文587文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 観光 北アルプス新たに「黒部ルート」 24年に一般開放
  2. 赤痢菌 宿坊で42人感染 湯葉刺しなど食べる 山梨 
  3. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック
  4. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  5. ORICON NEWS 元祖プレイボーイ・火野正平に見る、芸能人モテ男のスマートな“火消し術”

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです