メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がん

増殖の遺伝子発見 治療薬開発に可能性 国立がん研究センターチーム

 さまざまな種類のがんの増殖に関わる遺伝子を見つけたとの研究成果を、国立がん研究センター研究所のチームが12日付の科学誌に発表した。低酸素や栄養不足などのストレスにさらされるがん細胞を保護する働きをしており、この遺伝子の働きを阻害する物質を開発できれば、幅広くがん細胞の増殖を抑える新たな抗がん剤につながる可能性があるという。【下桐実雅子】

 チームは「IER5」という遺伝子が作るたんぱく質に着目。がん化との関連は知られていなかったが、分析…

この記事は有料記事です。

残り367文字(全文587文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  2. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑
  3. 新商品 シーチキンとコンビーフが一つに 20日発売
  4. 夏の高校野球 日大三7年ぶりベスト4 下関国際を逆転
  5. 遺品整理 高額な追加料金、勝手に処分 トラブルにご用心

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです