メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

災害弱者・支え探して

/4 阪神大震災21年 生活再建支援法 在宅被災者、置き去り 雨漏り、水浸し払えぬ修理費

鬼怒川の決壊現場付近を眺める斉藤さん夫妻。左奥には流された家屋が今も残る=茨城県常総市で、猪飼健史撮影

 (1面参照)

 宮城県石巻市渡波地区のパート従業員、古座登美子さん(62)の家族は東日本大震災後、家の布団で寝たことがない。自宅が「大規模半壊」と判定されて雨漏りがひどいが、修理費を払えない。一人娘の長女(23)には知的障害があり、環境変化への順応が苦手で仮設住宅に入居するのは難しい。市の支援金では今の住環境はいかんともし難く、「このまま住み続けるしかない」とこぼす。

 古座さんと長女、古座さんの弟の3人で暮らす木造平屋住宅(約115平方メートル)は、あちらこちらから…

この記事は有料記事です。

残り1067文字(全文1302文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッカー 「半端ない」活躍を期待 日本代表・大迫選手 仰天プレーに絶叫、Tシャツ販売好調 /東京
  2. 自殺偽装容疑 44歳姉を逮捕 弟に多額の保険金 堺
  3. 静岡女性遺体 「怖くなって車降りた」 2容疑者が供述
  4. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
  5. 社説 加計学園理事長が初会見 軽すぎる「作り話」の始末

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]