メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リアクション、日本導入 「ひどいね」も

日本での「リアクション機能」の導入を発表するフェイスブックのクリス・コックス最高製品責任者=2016年1月14日午後0時8分、尾村洋介撮影
複数の感情を示すマークから選んで表示できる「リアクション機能」=フェイスブック提供

 SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)最大手、米フェイスブックは14日、フェイスブックへの投稿に、従来の「いいね!」のほか、「超いいね!」など複数の感情を示すマークから選んで表示できる「リアクション機能」を、同日から日本国内でも提供すると発表した。

 リアクション機能の導入は日本で6カ国目。表現できる感情は「いいね!」「超いいね!」「うけるね」「すごいね」「悲しいね」「ひどいね」の6種類に増える。

 東京都内で記者会見した、フェイスブックのクリス・コックス最高製品責任者は、視覚的な感情表現の豊かさが日本文化の特徴だと指摘。リアクション機能について「日本から学んだことが多い機能。日本の文化にしっくりくるのではないか」などと語った。【尾村洋介/デジタル報道センター】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長谷川豊アナ 「降板まで発展するとは夢にも思いませんでした」
  2. 豊洲市場 前市場長「盛り土ないことは認識」歴代初の証言
  3. 豊洲市場 小池知事定例会見(1)「盛り土せず」に5段階
  4. 衆院予算委 首相「私が促したわけではない」起立と拍手に
  5. 豊洲市場 小池知事「残念ながら出た」ベンゼンとヒ素検出

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]