メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クレーターの縁に白い塩?…探査機撮影

無人探査機ドーンが撮影した準惑星ケレスのクレーター。縁に白く光って見える物質は塩と考えられるという=NASA提供

 米航空宇宙局(NASA)は、無人探査機ドーンが準惑星「ケレス」に最接近して撮影した画像を公開した。最近できたと見られるクレーターの縁に白く光る物質があり、塩と考えられるという。

     ケレスは直径約950キロで、火星と木星の間にある小惑星帯では最も大きな天体。ドーンは昨年12月19〜23日、ケレスの上空約385キロまで接近し、高解像度の画像を撮影した。

     南半球の中緯度にある直径26キロのクレーターには、縁や壁に塩と見られる光る物質が筋状に多数分布していた。これまでの観測で、ケレスの別のクレーターでも光り輝く点が確認されており、研究者らが同じ物質かどうか調べているという。【大場あい】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 厚労省 タレント女医は医業停止3年 30人を行政処分
    2. 余録 「母の手は赤子となりて介護士の豊かな胸をそっと触りぬ…
    3. くらしナビ・ライフスタイル よい介護施設、見分けるには
    4. 長谷川豊アナ 「降板まで発展するとは夢にも思いませんでした」
    5. 介護職員 高齢者虐待2014年度300件 35%急増

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]