メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クレーターの縁に白い塩?…探査機撮影

無人探査機ドーンが撮影した準惑星ケレスのクレーター。縁に白く光って見える物質は塩と考えられるという=NASA提供

 米航空宇宙局(NASA)は、無人探査機ドーンが準惑星「ケレス」に最接近して撮影した画像を公開した。最近できたと見られるクレーターの縁に白く光る物質があり、塩と考えられるという。

     ケレスは直径約950キロで、火星と木星の間にある小惑星帯では最も大きな天体。ドーンは昨年12月19〜23日、ケレスの上空約385キロまで接近し、高解像度の画像を撮影した。

     南半球の中緯度にある直径26キロのクレーターには、縁や壁に塩と見られる光る物質が筋状に多数分布していた。これまでの観測で、ケレスの別のクレーターでも光り輝く点が確認されており、研究者らが同じ物質かどうか調べているという。【大場あい】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 会津藩公行列 勇壮に美しく 綾瀬はるかさん4年連続参加
    2. ORICON NEWS “ユーチューバー草なぎ”に早くも熱視線 「楽しみすぎる!」とSNSで熱い話題に
    3. イラン・ミサイル トランプ氏「イランは北朝鮮と協力」
    4. 堺市長選 「反維新」陣営の連勝 波紋大きい維新の敗北
    5. ORICON NEWS 稲垣・草なぎ・香取の写真がついに“SNS解禁” ファンから歓喜の声続々[反響を更新]

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]