メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クレーターの縁に白い塩?…探査機撮影

無人探査機ドーンが撮影した準惑星ケレスのクレーター。縁に白く光って見える物質は塩と考えられるという=NASA提供

 米航空宇宙局(NASA)は、無人探査機ドーンが準惑星「ケレス」に最接近して撮影した画像を公開した。最近できたと見られるクレーターの縁に白く光る物質があり、塩と考えられるという。

     ケレスは直径約950キロで、火星と木星の間にある小惑星帯では最も大きな天体。ドーンは昨年12月19〜23日、ケレスの上空約385キロまで接近し、高解像度の画像を撮影した。

     南半球の中緯度にある直径26キロのクレーターには、縁や壁に塩と見られる光る物質が筋状に多数分布していた。これまでの観測で、ケレスの別のクレーターでも光り輝く点が確認されており、研究者らが同じ物質かどうか調べているという。【大場あい】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 中村蒼 一般女性と結婚!交際6年の記念日に婚姻届(スポニチ)
    2. ロッテリア 「コアラのマーチ焼」発売 中野店限定
    3. 文科省天下り 退職翌日に再就職 公務員法違反の可能性も
    4. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
    5. 文科省 再就職紹介、利用ゼロ…独自ルートで天下り

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]