メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

保育料

山梨県が第2子以降3歳まで無料に 全国初

第2子以降の保育料無料化の方針について記者発表する後藤斎知事=県庁で2016年1月13日、後藤豪撮影

 山梨県は13日、第2子以降が3歳になるまで保育料を無料にする事業を今年4月から始めると発表した。県内に住む、年収約640万円未満の世帯を対象にする方針。同県によると、都道府県で第2子以降の保育料を無料化するのは初めてという。後藤斎知事は同日の記者会見で「子育て環境で他の都道府県より利点があると訴えていきたい」と話した。

     同県は対象となる子供を約3200人と見込んでいる。総額7億2000万円の事業費は、市町村と折半する方向で調整する。同県は、人口減少対策を最重要課題と位置付けており、無料化事業はその一環となる。

     保育料をめぐっては、政府は4月以降、子供が3人以上いる年収約360万円未満の世帯については2人目を半額とし、3人目以降は無料とする方針を決めている。【後藤豪、藤河匠】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 青森4人死亡 被害者が飲酒とネット上で中傷 県警が否定
    2. 愛媛県 養殖ブリの餌にチョコ 抗酸化、鮮やかな色保つ
    3. システム障害 札幌地下鉄で運行停止 乗客一時閉じ込めも
    4. 地方選 自民支援候補が相次いで敗北、党内に警戒感
    5. キユーピー マヨネーズの中身が流れ落ちやすい容器を投入

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです