メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

桂春団治さん85歳=落語家

桂春団治さん=大阪市中央区のワッハ上方で2008年1月24日、森田剛史撮影

上方落語復興 最後の四天王

 戦後、滅亡寸前と言われた上方落語界の復興に尽くした四天王の最後の一人で、厳しいまでに磨き上げた芸風で知られる桂春団治(かつら・はるだんじ、本名・河合一=かわい・はじめ)さんが9日、心不全のため亡くなった。85歳だった。親族や直系の弟子らで密葬を営んだ。

 1930年、大阪市生まれ。父親は二代目春団治。高校を卒業後、会社に就職するが1年で辞め、47年小春の名でデビュー。50年に二代目福団治、59年に三代目春団治を襲名した。

 後に上方落語四天王と称された、三代目桂米朝、六代目笑福亭松鶴、五代目桂文枝(いずれも故人)とほぼ同時期の入門で、衰退していた上方落語界再生の原動力として活躍した。

 芸風は地味だが手堅く、上方落語のエッセンスを観客に見せるよう心掛けた。テレビやラジオにはほとんど出演せず落語一筋。粒よりのネタを完璧に演ずることに全力を傾け、「野崎詣(まい)り」「いかけや」「代書」などは至芸と言われた。

 若手の育成にも熱心で、福団治さんや故二代目春蝶、小春団治さんらを育てた。78年から83年には三代目の上方落語協会会長を務めた。

 81年に胃潰瘍、92年にはC型肝炎と診断されるなど、何度か病気に見舞われながらその度に克服。年齢とともに円熟を重ね、艶のある芸で観客を酔わせた。足のけがで正座できなくなったことなどを理由に、2013年夏以降は高座から遠ざかっていたが、弟子の襲名披露の際などには公に姿を見せることもあった。

 75年芸術祭優秀賞、78年上方お笑い大賞、98年には紫綬褒章を受章した。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 事故 ダムに車転落、5人死亡…バーベキュー帰り 大阪
  2. 京大病院 「ドカーンと大きな音」実験室出火、放射線検出
  3. 自動ブレーキ ベビーカーに装着 中学生の発明が特許
  4. 石巻3人殺傷 元少年「死刑執行まで死ぬ意味を探したい」
  5. 石田三成重臣 「猛将」嶋左近の書状2通 大阪で見つかる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]