メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

桂春団治さん死去

「間」絶妙 芸に色気

喜寿の会見後に記念撮影する桂春団治さん=大阪市中央区のワッハ上方で2008年1月24日、森田剛史撮影

厳選ネタ練り上げ

 「寄席でやらせてもらえるのは本当にありがたい」「漫才や色物の間に出てしゃべるのが好きでんねん」−−。上方落語の神髄を求めて、ひたすら“しゃべくり”に磨きをかけてきた落語家の桂春団治さんが亡くなった。髪を七三に分け、いつもきれいなクシ目を通して、清潔な装いの中、色気のある落語を見せてきた春団治さん。その一生は落語と死闘を繰り広げた厳しい日々の連続だった。

 会社勤めを辞めた後、父・先代春団治の巡業の手伝いで地方を回り、九州で倒れた前座の代わりに穴埋めで出…

この記事は有料記事です。

残り1031文字(全文1267文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見
  2. 革新機構、社長ら9取締役辞任へ 高額報酬で経産省と対立
  3. ロシアメディア、紀平をたたえる 王位は「驚異の日本人に」
  4. 記者殺害後、サウジ皇太子に助言か トランプ氏娘婿
  5. ORICON NEWS 鈴木保奈美『SUITS』クランクアップ「“織田節”を堪能いたしました」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです