メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

LGBT

交流スペース 横浜市、さまざまな支援展開 情報交換や悩み打ち明け 講演会やトークイベントも /神奈川

交流スペース「FriendSHIPよこはま」が開かれる男女共同参画センター横浜の1階に掲げられた案内と虹色の旗=横浜市戸塚区で

 横浜市は同性愛やトランスジェンダー(体とは異なる性を自認する人)ら性的マイノリティー(LGBT)を支援しようと、昨年秋からさまざまな取り組みを展開している。その一つ、男女共同参画センター横浜(戸塚区)で開かれている当事者らの交流スペース「FriendSHIPよこはま」を訪れた。

 会場となっている部屋の壁には、性の多様性を表すシンボルの虹の旗が掲げられている。専門スタッフに悩みを打ち明けていた女性に話を聞かせてもらった。

 女性は40代で、ずっと娘として育ててきた子が最近、男性として生き始めているという。「親としては将来…

この記事は有料記事です。

残り692文字(全文954文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  2. システム障害 札幌地下鉄で運行停止 乗客一時閉じ込めも
  3. 東日本大震災 県内の大気中の放射線量 /埼玉
  4. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念
  5. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです