メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

管粥神事

吉凶を占う 高山・伊太祁曽神社 /岐阜

麻の茎を割って粥の量を調べる若連中のメンバー=高山市丹生川町で

 高山市丹生川町旗鉾の伊太祁曽(いたきそ)神社で14日、市無形文化財の「管粥(くだがい)神事」があった。

 麻の茎に詰まった粥(かゆ)の量で1年の吉凶を占う神事で、旗鉾地区に600年以上前から伝わる。米と小豆、粥の中に麻の茎を入れ、農作物の出来栄えや鳥獣被害などを占うために始まった。同神社氏子の旗鉾若…

この記事は有料記事です。

残り218文字(全文368文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 三鷹でアパート火災、1階の部屋から1遺体
  3. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り
  4. 硫黄島戦没者遺骨 遺族「DNA鑑定を」 厚労省は「遺品なし」理由に拒否
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです