メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西洋からくり人形

原田さん夫妻「伝統文化知るきっかけに」 山口市イメージし制作、湯田温泉で展示 /山口

ハンドルを回し、人形が動く様子を見る子どもら

 山口市湯田温泉の観光施設「狐(きつね)の足あと」で、からくり人形作家、原田和明さん(41)と妻めぐみさん(41)が市をイメージして作ったオートマタ(西洋からくり人形)が展示されている。3月31日まで。観覧無料。

 和明さんは2002年に人形制作を始めた。その後、イギリスの大学院で現代工芸を学び、08年に山口市秋穂東に工房を構えた。

 作品は「からくりで楽しむ山口市」をテーマに市から依頼された。八坂神社の山口祇園祭で奉納されるサギに…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文471文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  2. 安倍首相 「自民亭」出席問題なし 投稿の西村氏は注意
  3. 眞子さま ブラジルへ出発 日本人移住110年で
  4. 児童虐待防止 「もう耐えられない」タレントら要望書提出
  5. セブン-イレブン 100円生ビールをテスト販売へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]