メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外J1昇格は松本と大分
2016どうなる経済

自社キャラを活用 任天堂社長・君島達己氏

任天堂社長の君島達己氏=小松雄介撮影

 2016年をゲーム業界で多くの新たなアイデアが出る面白い年にしたい。従来と違った遊び方ができるゲームを出さなければ、ファンから支持を得られず、飽きられてしまう。任天堂にはゲーム業界を引っ張る使命があり、ゲームファンに新しい驚きを常に提供し続けたい。これは永遠に続く目標だ。

 今年は次世代ゲーム専用機「NX」の詳細を発表する。既存のゲーム機の後継ではなく、全く新しい発想に基づくものだ。さらに、スマートフォン(多機能携帯電話)向けゲームソフトを発売し、テーマパークのユニバーサル・スタジオと協力したプロジェクトも進める。任天堂にとっては、ゲームに関係する新たなビジネスモデルの確立に向けて、新プロジェクトを次々と世に出す重要局面だ。

 「任天堂のソフトの世界、キャラクターに触れる人を世界中で増やす」という願いを出発点にしたい。任天堂…

この記事は有料記事です。

残り473文字(全文839文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. キイレツチトリモチ まるでキノコ、珍種が開花 牧野植物園 /高知
  4. バラハタ 他にもいる危険な魚 「珍しい」で食べないで
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです