メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現場発プラス

言葉の道案内、ルート拡大 最寄り駅〜公共機関、視覚障害者向けナビ スマホ音声機能利用

開始10年で18都道県2093

 視覚障害者向けに、地図の代わりに最寄り駅から公共機関までを道案内するホームページ上のサービスが拡大している。目的地までの行き方が丁寧に記され、スマートフォンの音声読み上げ機能を使うなどして利用する。各地のボランティアらの地道な調査により、サービス開始から10年で掲載されたルートは2000を超えた。2020年の東京パラリンピックに向け、競技会場などの道案内も考えられている。【川上珠実】

 サービスは、東京のNPO法人「ことばの道案内」が06年から公開する「ウォーキングナビ」。視覚障害者…

この記事は有料記事です。

残り1159文字(全文1418文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  2. 夫「大切な2人失ってつらい」 池袋暴走、母娘の告別式 
  3. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  4. マラソン・小出義雄氏が指導者勇退 高橋尚子さん、有森裕子さんら育てる
  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです