メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

官庁地方移転

中小企業庁や特許庁は経産相否定的

 林幹雄経済産業相は15日の閣議後の記者会見で、地方自治体が要望している中小企業庁や特許庁の地方移転について「東京から移転するというのはどうもマッチしないのではないかと思う」と述べ、否定的な考えを示した。

     中小企業庁は大阪府、特許庁は長野県と大阪府が移転を要望している。林経産相は中小企業庁について「災害時に東京のほうが各省庁との連携がとれるし、対応が迅速にできる」とした。特許庁も関係機関が集中する東京のほうが迅速な審査ができると指摘した。

     政府は地方創生の一環として政府機関の地方移転を検討しており、3月までに移転機関と移転先を決める。消費者庁を徳島県に移転させる方向で調整しているほか、文化庁の機能の一部を京都府内に移転する方針を固めている。【横山三加子】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 映画 「恋とボルバキア」が描くあいまいな性と普遍的悩み
    2. ストーリー 月給25万9000円の市長(その1) 夕張の「サンタ」の10年
    3. 明治ザ・チョコレート 4000万ヒットの陰に“黒歴史”
    4. 南知多ビーチランド サンタが魚にもやってきた
    5. 大林宣彦監督 余命3カ月宣言から1年4カ月で映画完成「あと30年頑張る」(スポニチ)

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]