メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

14人死亡、27人重軽傷 軽井沢R18

ガードレールを突き破り、道路脇に転落したバス=長野県軽井沢町で2016年1月15日午前7時59分、本社ヘリから

 15日午前1時55分ごろ、長野県軽井沢町の国道18号「碓氷(うすい)バイパス」入山峠付近で、大型バスがセンターラインを越えて対向車線側のガードレールを突き破り、約3メートル下に転落して山林内の立ち木に衝突した。県警軽井沢署によるとスキーバスで、乗客・乗員計41人が乗っていた。運転手2人を含む男性9人と女性5人の計14人が死亡し、27人が重軽傷を負って長野・群馬両県の病院9カ所に搬送された。意識不明など重篤な乗客も複数人いるという。長野県警は自動車運転処罰法違反(過失運転致死傷)容疑で捜査を開始した。

 バスを運行していたのは東京都羽村市の「イーエスピー」で、契約社員の土屋広運転手(65)=東京都青梅市=と社員の勝原恵造運転手(57)=同=が乗務し、事故時は土屋運転手が運転していたらしい。県警は15日中にも同社を家宅捜索する方針。

 ツアーを企画した旅行会社「キースツアー」(東京都渋谷区)の福田万吉社長(38)の説明では、バスには45人が乗車でき、乗客は大学生など18〜32歳の39人(男性25人、女性14人)。県警によると、死亡した1人は川崎市の男性(22)。

 バスは右側を下に横転し、車体は大きくひしゃげ、立ち木に屋根側から食い込んでいる。現場付近に積雪はなく、路面は凍結していない。

 バスはスキーツアー客を乗せ、東京・新宿から長野県北部のスキー場に向かっていたとみられる。

 現場はJR軽井沢駅から南約2キロの長野・群馬県境付近。バスは下り坂で左カーブからそれたとみられる。

 バスは右側を下に横転し、車体は大きくひしゃげ、立ち木に屋根側から食い込んでいる。現場付近に積雪はなく、路面も凍結していない。

 長野県警は、バスの運行計画やシートベルトの着用状況などを含め、事故原因の捜査を開始した。

 長野地方気象台によると、事故が起きた15日午前2時時点での長野県軽井沢町の天気は晴れまたは曇り。気温は氷点下3度で積雪はなかった。風速は約3メートルだった。同気象台は「湿度も高くなく、霧などが発生する気象条件ではない。雪は少なめだが、気温は平年並みで、注意報や警報も出ていなかった」と話した。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. もう二度と 相模原殺傷事件1年 娘の死、向き合えぬ 62歳父、がん延命拒否 「会って抱っこしたい」
  2. 相模原事件 「やまゆり園」止まったままの日常 内部公開
  3. 相模原事件 甘えん坊の娘、現実結びつかない 被害者の父
  4. 相模原事件 娘の死、向き合えぬ 62歳父、がん延命拒否
  5. ORICON NEWS サントリー、ビール広告動画が公開中止 内容に「下ネタ」と批判相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]