メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

30年過ぎて…クマムシよみがえって産卵も

蘇生した南極のクマムシ。腹部の緑色は餌のクロレラ。右の線は0.1ミリ=辻本恵特任研究員提供

 約30年前に南極で採取し冷凍保管していたコケの中から、小さな生物「クマムシ」を取り出したところ、蘇生して、産卵もしたと国立極地研究所のチームが発表した。クマムシは高温や乾燥など過酷な環境に耐えることが知られているが、長期間の冷凍保存の後に繁殖に成功したのは初めて。従来の最長生存記録9年を大幅に上回った。

 クマムシは昆虫ではなく「緩歩(かんぽ)動物」に分類され、海、山など世界中に約1000種類以上いる。

 チームは1983年11月、昭和基地近くでコケを採取し、同研究所の冷凍室(氷点下20度)で保管。2014年、コケを解凍して水につけると、2匹のクマムシ(体長約0.3ミリ)が動き出した。

 餌のクロレラを与えて飼育すると、1匹はあまり食べずに死んだが、もう1匹は5回産卵し、14匹がかえった。また、コケの中から卵が見つかり、水につけると6日後にかえり、餌を与えると成長して産卵した。

 チームは、長期生存し繁殖能力が保たれていたのは、凍結によって、細胞や遺伝子の酸化による損傷が最小限に抑えられたためと分析している。ただし、蘇生したクマムシが餌を食べるまでに2週間かかったことなどから、ある程度の損傷が蓄積され回復に時間がかかった可能性があるという。辻本恵・同研究所特任研究員は「遺伝子の損傷や修復機構を調べて、長期生存のメカニズムを解明したい」と話す。【下桐実雅子】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 知的障害 通所女性が中絶 「望まない妊娠、再発防止を」 20代男女、施設内で性行為 施設側、認識の甘さ認める /神奈川
  2. 茨城の震度5弱 「大震災の余震」気象庁
  3. ポケモンGO 首都圏で50キロ歩いてみた
  4. 夢・華やかに タカラヅカ エリザベート、宙組上演 妖しく神秘的な世界に /兵庫
  5. 赤ちゃんポスト 海外からの初の預け入れ「想定せず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]